So-net無料ブログ作成

残念!佐藤琢磨、インディ500最終ラップ2位でクラッシュ。 [スポーツ]

いやー、これは悔しいねえ。
ファイナルラップで2番手につけていてクラッシュかあ。
でも、優勝をめざして勝負した結果だからしょうがない。

インディ500ほどメジャーではないが、
チャンスはまだある。
怪我しなかっただけよかったとポジティブにとらえて、
次また頑張って欲しい。

しかし、テレビで放映して欲しいなあ。
最近はカーレースをなかなかテレビで見れなくなった。

The Challenge of Indy DVD :64年と73年のインディ500の貴重な映像



「第96回インディアナポリス500マイルレースは27日、200周の決勝レースが行われ、ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)が優勝。ファイナルラップ、2番手につけていた佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)はトップを賭けた勝負を展開したが、クラッシュを喫した。

 決勝レースの序盤から、予選で速さをみせたシボレー勢を尻目に、レースをリードしたのはフランキッティ、スコット・ディクソンのホンダエンジンを搭載するチップ・ガナッシ勢。一方、後方から1台ずつオーバーテイクをみせ2台に食らいついたのが琢磨だった。

 中盤、ガナッシの2台が燃費走行を展開する中で、琢磨は堂々のリードラップを奪い、作戦もズバリ的中。終盤に向け、優勝争いはチップ・ガナッシの2台、そして琢磨に絞られたかに思われた。

 しかし、最終盤のフルコースコーションで琢磨はポジションを一旦落とし7番手に後退してしまう。その後、マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポーツ)がクラッシュ。残り7周でのリスタートが切られることになった。

 ここで抜群のスタートを決めた琢磨は、再び3番手に返り咲きトップの2台を追うことに。残り2周、抜群のオーバーテイクでディクソンをかわした琢磨は、ファイナルラップのターン1でタイミングを合わせると、フランキッティのインへ! インディアナポリス・モータースピードウェイは大歓声に包まれた。

 ターン1をフランキッティと並走した琢磨だが、わずかに残されたスペースで姿勢を乱しスピン! ウォールにクラッシュしてしまうことに。そのままイエローフラッグでチェッカーが振られ、レースはフランキッティの勝利で幕を閉じることとなった。

 2位はディクソン、3位はカナーンがつけることに。琢磨はインディ500、そしてインディカー・シリーズの日本人初優勝を目前にしながら悔しい結果に。しかし、琢磨らしいオーバーテイクと果敢なアタックは日本のみならず、世界を沸かせることとなった。

[オートスポーツweb 2012年05月28日]」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120528-00000005-rcg-moto




デビル・メイ・クライ(dmc)特集
TANITA体脂肪計特集



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。