So-net無料ブログ作成

京極夏彦新刊 「妖怪の理妖怪の檻」 [小説]

京極夏彦の作品はいつも独特の日本の匂いがする。「妖怪の理 妖怪の檻」でもいつもの作者の情報の収集の綿密さに裏付けられた、知的で妖艶な文章の技が見て取れる。謎を解いていくといった単純な楽しみ方でも本作は十分堪能できるだろうが。

【送料無料】妖怪の理妖怪の檻文庫版

【送料無料】妖怪の理妖怪の檻文庫版
価格:860円(税込、送料別)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。